共同募金

地域推進のため本会の運営に住民の参加を図り、民意を充分に反映した共同募金運動を行うことを目的としています。

共同募金

地域推進のため本会の運営に住民の参加を図り、民意を充分に反映した共同募金運動を行うことを目的としています。

共同募金について

共同募金は、戦後間もない昭和22年に戦後復興の一助として、市民が主体の民間運動として始まりました。
「社会福祉法」という法律をよりどころとして、民間社会福祉事業に必要な資金を集めるため、毎年多くの皆様に協力していただいております。住みよい豊かな街づくりの財源として共同募金は欠かす事の出来ない運動となっています。

津別町共同募金委員会

会長

大東 勲

事務局長

小野 淳子

役員

理事  10名
監事  2名
評議員 15名

目的

地域推進のため本会の運営に住民の参加を図り、民意を充分に反映した共同募金運動を行うことを目的とする。

住所

〒092-0292
北海道網走郡津別町字幸町41番地

電話番号

0152-76-1161

FAX番号

0152-75-5043

事業内容

(1) 募金運動の実施
(2) 共同募金ボランティアの受入れ、登録、研修及び活動の企画・実践
(3) 広報・啓発活動の実施と世論の醸成
(4) 地域福祉に係る資金需要の把握及び助成申請の周知と受付
(5) 助成申請団体の審査及び助成業務とその評価
(6) 社会福祉協議会との連携
(7) 助成申請団体等からの相談業務
(8) 歳末たすけあい運動の推進
(9) 関係組織との連絡調整
(10)その他、共同募金運動の目的を達成するために必要な事業

主な活動

赤い羽根募金(目的募金)

あらかじめ使い道を決めてから集める募金です。集めた募金は翌年度に使います。
運動期間 10月1日~3月31日
募金方法 戸別募金 1世帯450円でお願いしています。
     法人募金 1口 1,000円からお願いしています。
     その他募金(窓口募金、興行募金、職域募金等)
◯町内の福祉サービス(給食サービス等)の財源になっています。 
◯集めた募金の一部は、北海道内の福祉に使われます。
※津別町は、過去に3回車両の寄贈を受けています。一番最近は平成29年です。

歳末たすけあい募金

集まった募金を当年度中に個人・団体に配分します。
運動期間  12月1日~12月25日
募金依頼額 戸別募金 1世帯 300円
      その他募金(窓口募金等)

災害義援金

災害が起きた時に、義援金を集めて送金します。

津別町限定 寄付金付きピンバッチ(2015年~2022年)

500円募金していただいた方に、1個贈呈しています。500円の内製作費(約250円前後)を除いた残りが津別町の募金額となります。毎年500個作成しています。

令和3年度募金実績

赤い羽根募金

戸別募金872,550円
法人募金291,000円
窓口募金等200,964円
興行募金10,871円
職域募金20,000円
合  計1,395,385円

歳末たすけあい募金

戸別募金581,700円
その他の募金30,300円
合  計612,000円

災害義援金

募金実績なし